building

タイミングは重要

収益物件の価値とは

マンション

不動産投資、特に物件を直接購入することによって収益をあげる事を目的とした場合、購入すること以上に重要となってくるのが売却価格、そしてタイミングです。タイミングは売却価格に大きな影響を与えるのはもちろんのこと、制度変更によって有利か不利か変わる時に重要となります。 収益物件に限らず不動産価値は日々変化しており、適切なタイミングを測ることとコツを抑えることで、利益の最大化mつまりより高い買取価格を目指します。 収益物件の買取価格は、市場の変化だけでなく、売り手と買い手の関係性によっても変化します。これを知らずして物件の売却を行おうとすることは避けるべきでしょう。 都心部の好立地にある投資用ワンルームマンションの相場は1千万円〜1.5千万ほど。高級タイプであれば2千万以上することもありますが、タイミングによっては買取価格が1〜2割も変動すると知ったら、手を打たないではいられないでしょう。

売却計画は売る意思のない段階から

収益物件の売却は、売却しようとする意思が現れてから行うでしょう。ですが、それでは遅い場合があります。資金需要などの理由から売却を急ぎたいときなどです。 買取ニーズがある時点で、売り手は不利となっています。心理的に売り急ぎがちであることや、買い手を強気にさせてしまいかねないからです。これを避けるには、収益物件の購入時点から、すでに売却計画を立て始めることです。 例えば、利益が一定額に達したとき、買取相場が一定価格以上を付けたとき、などです。自分の意思とは関係ない事象をトリガーとすることで、収益を確保しつつ、売り急ぎを避けることが出来ます。 もちろん、年金収入源を目的としている場合などは、この限りではありません。