building

不動産で資産運用

投資マンションをするには元手が必要

マンション

投資マンションは確かに利回りの高い投資物件と言えるかもしれませんが、投資ですから元手が必要です。元手がないまま投資に手を出したとしても、利回りは小さなものになってしまいます。元手がない状況であれば、借入をして投資することになりますので、当然のことながら金利負担が発生します。その分だけ利回りが低下してしまいますので、仮に借り手がつかないような状況になれば、元本割れの状況を引き起こしてしまいます。借金返済という足かせがあると、家賃を引き下げてでも入居者を募集して空室を埋めなくてはならなくなりますので、その分だけ利回りが下がります。高い利回りを実現するためには、余裕を持った投資を行うことが必要になります。

不動産投資ローンの危険性

投資マンションを購入したくても元手となる資産がないという場合には、金融機関から借り入れることを検討するケースもよくあります。投資マンションの購入など不動産投資のために借り入れる場合は不動産投資ローンとなり、一般の人が住家としてマンションを購入する際に金融機関から借り入れる住宅ローンとは異なりますので気をつけなければなりません。投資マンションを購入するための不動産投資ローンは、住宅ローンに比べると審査基準が厳しかったり、金利が高かったりします。住宅ローンの場合、支払いが滞るとそこに住めなくなる可能性がありますので、できるだけ支払うように努力しますが、不動産投資ローンの場合は、投資のための借入なので、返済が滞る恐れがあるからです。